暑い時期の運動に付きまとう脱水症リスク③~番外編19-3~

スポンサーリンク
pvランキング参加中✨

皆さん。おはよう・こんにちは・こんばんば!!ヨシ駄です(‘ω’)ノ

ブログを読んでくれた方々、どうもありがとうございます(*’▽’)

今後ともよろしくお願い致します。

4連休もいよいよ終盤ですね。

皆さん、連休をしっかり満喫しましたか?

前回・前々回のブログでは、脱水症になってしまう原因と症状、脱水症にならないための対策について紹介しました。

脱水症は、運動している場合だけで起こるものではなく、普段生活している中でも起こりうるものです。

特に、睡眠中など皆さんが思っている以上に汗をかいてしまう場面では、気付かないうちに脱水症になってしまっているというケースもよく見られます。

でも大丈夫!!

仮に脱水症になってしまったとしても、すぐに正しい方法で処置を施す事で症状を重症化させなくてすませられます。

ということで、今回は脱水症シリーズ第3弾として「脱水症になった際の対処法」について紹介したいと思います。

もし脱水症になってしまったらどうしたら良いのか?そんな不安に答えるために内容をまとめたので紹介したいと思います。

前回のブログ記事は下記から

暑い時期の運動に付きまとう脱水症リスク①~番外編19~

暑い時期の運動に付きまとう脱水症リスク②~番外編19-2~

それではみんな、最後までぜってー読んでくれよな!!(`・ω・´)シャキーン

スポンサーリンク

脱水症になった場合、どうしたらいいの?

脱水症に陥ってしまった際にすぐに役立つのが

経口補水療法(ORT:Oral Rehydration Therapy)

になります。

経口補水液は、前回の「脱水症にならないための対策」でも挙げましたが、脱水症の改善についても、これが最も簡単かつ効果が大きいものになります。

この経口補水液ですが、コンビニなどで買う事もできますし、実は自分で作る事も出来ちゃいます。

しかも家庭にある材料だけで、超簡単に作れるんです。

「経口補水液作り方」

①以下の材料を揃える

・水(1リットル)

・砂糖(40グラム)

・塩(3グラム)

②上記材料を混ぜ合わせる

③完成

ね。簡単でしょ?(笑)

これなら料理が苦手なヨシ駄でも簡単に作る事ができます( *´艸`)

基本的には、失われた水分及び栄養素を取り入れて安静にしておくことが重要になってきます。

経口補水液などの吸収の良い水分をしっかり摂取し、涼しい場所で安静にしておくことで症状は改善していきます。

もし、それでも症状が改善されないようであれば、状況を見て医師に相談するなどで最悪の事態を防ぐよう努めましょう(^.^)

それでは、またの~( ´Д`)ノ~バイバイ

pvランキング参加中✨

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする